野山を読む 野山を食す

時候坊

f0220698_2235742.jpg

ジコボウと読みます。でもおそらくそれは当て字でしょう。
ハナイグチという名のキノコです。落葉松林の地面に発生します。
信州では特に人気のキノコ。

人家のすぐそはから山深いところまで、信州は植林された落葉松林がとても多い。
よってこのキノコも非常に身近な存在なのです。
キノコらしい、きれいで存在感ある姿。美味しそうに見えるぬめり、他に間違いやすい毒キノコがないことも人気がある理由でしょう。発生量も多く、キノコ狩り入門に最適と言えます。

f0220698_22452681.jpg


では、その味は?

とても美味しい、という人が多いのですが、冷静に味わうと超美味というほどでもありません。
確かにぬめりを伴ったツルンとした傘、食べごたえがある柄の部分とも食感はなかなかです。
しかし味そのものは淡泊か、場合によっては落ち葉の土臭さが、特に柄の部分については気になる場合もあります。

ただ、その土臭さは、落葉松の森の香りそのもの。
それを口にしたとき、落葉松の森の情景がぱぁっと脳裏に鮮やかに浮かびます。
それは、僕が撮る写真なんかよりはるかに正確に森の空気を呼び起こす。写真を撮る者として嫉妬さえ覚えます。
f0220698_22494964.jpg


この日は山栗もたくさん採りました。
地道に鬼皮を剥き、渋皮煮を息子と作ります。
秋の夜長にコーヒーを淹れ、その渋皮煮をちょっとつまみながら森について思いを馳せる。
それは多分、幸せな時間だと思います。
f0220698_22563594.jpg

PENTAX LX ・ SUPERIA PREMIUM400
SMC PENTAX-A 1:2.8 20mm / TAMRON SP 1:2.5 90mm MACRO(52B)
[PR]
by silvers_blue | 2012-10-30 23:01 | 山の幸 | Comments(6)
Commented by kuma_hanahana at 2012-10-31 11:35
1枚目くらべて傘の開きが少ない2・3枚目、収穫するならどっちの方がいいんだろう~(∇〃)。o〇と素朴な疑問を持ちつつ、男子2名で作る美味なる栗の渋皮煮に思いを馳せ、拝見させて頂きました♪
Commented by nori at 2012-10-31 18:25 x
そうは言っても美味しそうなキノコですよね。
以前、信州で食べた蕎麦の上に、これよりももっと細いキノコが乗っててやたらに旨かったことを思い出しました。(色が同じなんです)

「正確に森の空気を呼び起こす」
おそらくそれこそが、silvers_blueさんが写真で最もやりたいことなのかも知れませんね。森だけでなく"自然のなか"と書き表してもいいかも知れない。

秋の夜長の珈琲時間。幸せですよね。。

Commented by silvers_blue at 2012-10-31 22:14
>kuma_hanahanaさん
量、という意味ではもちろん大きい1枚目のような方に分があります。しかし大きくなればなるほどムシに食われていることも多く、傘の部分の歯ごたえも減る傾向があるでしょう。
このキノコに関して言えば、食べるなら3枚目がベストですね。
Commented by silvers_blue at 2012-10-31 22:17
>noriさん
食べ物として見た場合、見た目というのも重要です。このキノコはその意味ではまさにパーフェクト。それゆえ人気も高いのです。

noriさんは、僕が何を考えてファインダーを覗いているかを、よく理解してくれています。
Commented by minstrel1209 at 2012-11-09 21:21
至福の珈琲ブレイク~♪
そして 素敵な親子のカンケイ^^*

落葉松の森を歩くのって 憧れです
どんな匂いなんだろう 全身全霊で
そんな森を感じたいなぁ。。^^☆
Commented by silvers_blue at 2012-11-11 15:06
>吟遊詩人さん
今日は俳人名義ですね!
落葉松って長野県ではもっともありふれた、味気ない林なのです。しかし食べられるキノコには事欠かない便利な森でもあるのです。
そしてその香りは、うーんなんて言うんだろ、僕らにはあまりに当たり前なので良く説明できません。