野山を読む 野山を食す

蝶と遊ぶ

f0220698_12471028.jpg

お仲間さんが使っているタムロン90mmマクロ、旧モデルを入手しました。
試写を兼ねて裏山へ出かけます。
使い勝手を試す為に、手持ちで蝶を追いました。

羽の裏の模様がアルファベットの「C」 なことから名がついた、シータテハ。
ところがキタテハにも「C」の模様はあるようです。羽がボロボロちっくなのがシータテハ。
f0220698_12584062.jpg




f0220698_12594598.jpg

トラフシジミ。この時期は里に野山にヒメジョオン・ハルジオンが咲き乱れます。
生育範囲を広げる外来植物で問題視されていますが、小さな蝶の食卓としての役割は小さくありません。



f0220698_1361280.jpg

クモガタヒョウモン。ミドリヒョウモンに似ているけど、銀線が1本だけ。(ミドリヒョウモンは3本)



f0220698_13115899.jpg

トラガ。蝶のように美しい。って書くと蛾に失礼か?

PENTAX LX  ・ TANRON SP 90mm 1:2.5 MACRO (52B) ・ KODAK PROFOTO100
[PR]
by silvers_blue | 2012-06-24 13:14 | 山の生き物 | Comments(8)
Commented by izayoi_forest at 2012-06-24 21:02
りょうさんが撮る蝶たちは 浮游感がありますね^^*
同じ90mmなのに シャープでファンタジック
わたしのは 二代目になりました 使い過ぎらしいです^^
Commented by hiyori at 2012-06-24 22:24 x
どれも明るくって気持ちがいいですね☆
どんなとこで撮ったら、こんなふうに明るくなるんだろう。
2枚目なんて、毛まで見えそうなくらいクッキリ!すごーい!
Commented by nori at 2012-06-24 22:31 x
カメピでは良い言葉が浮かびませんでしたが、
望遠系になって、"ブツ(物)"が際立った感がありますね。
50mmだと周辺の状況や、風景までが一緒に写り込むので、
そこら辺で少し違って見えるようになったのだろうなと
思いました。

去年そっち方面の山に行きましたが、いろんな蝶を見ました。
自分流で写真も撮りました。でも、ここまで寄って
きちんと博物図鑑の絵の様に一匹一匹が丁寧に写されていると、
やっぱり上手いなぁ…と、感心するばかりです。
Commented by silvers_blue at 2012-06-25 19:39
>吟遊詩人さん
デジタルとは画角も違うし、そもそもモデルそのものが違うので比較できませんが、それでもようやく吟遊詩人さんに追いつく機材環境だけは整った、というところでしょうか。

この描写はうーん、なんと言えばいいのか、3Dみたいで驚いています。多少不自然さすら感じますが、特に加工はしていません。
Commented by silvers_blue at 2012-06-25 19:42
>hiyoriさん
これは雨上がりの、それでもカンカン照りまで行かない晴れた午後。こうゆう写真は薄曇が適しているとは言いますが、そうそう都合のいいタイミングで撮れるほど暇じゃないし。

マクロレンズというのは、ただ大きく写せるだけではなく、つまりこうゆう詳細な描写が得意なレンズでもあるのです。
Commented by silvers_blue at 2012-06-25 19:48
>noriさん
僕のスタイルというのは、ある程度どうゆうところで撮ったのかが判ることを念頭に50mmを使ってきました。この画角はさすがにそれを望めない一方で、接写用のレンズとしてはさすがに評判どおり、といったところでしょうか。
この写真が上手いヘタとか評価される前に、僕はただただピントを合わせることに精一杯だったのです。撮影距離を40cmにあわせて(最短撮影距離は39cm)、自分と被写体の距離でピント合わせしました。
Commented by ユウスケ at 2012-06-30 20:42 x
カメピからお邪魔します。
マクロとか接写は使ったことないので良くわかりませんが
ぼくは上から三枚目が一番好きです。

ポートラの色描写とタムロンの作る背景ボケ?が写真を水彩画のように感じさせてくれます。

僕もフィルムでこのような 写し を行ってみたいです。
Commented by silvers_blue at 2012-07-01 19:56
>ユウスケさん
お!こちらにもコメント頂きありがとうございます。
僕は写真に対する衝動が先にあって写真を撮っているのではなく、山遊びの観察道具の一つとしてカメラ使っているのです。よって接写関係のアクセサリはやたらもっています。逆付けアダプターとかベローズとか中間リングとか。

タムロンの描写は初体験なのですし、「美しいボケ」ってよくわからないでいましたが、なるほどこれなのか、と思った次第です。