野山を読む 野山を食す

菅平高原というところ

f0220698_1575418.jpg

                 PENTAX LX ・ SMC PENTAX-A 1:2.8 20mm ・ KODAK GOLD100

長野県東部、群馬県境に位置する菅平高原。
古くからラグビーの合宿所として栄え、またスキー場開発も早くから行われた、スポーツリゾートのメッカとして知られた高原です。
多くの旅館・ホテルはグラウンドを備え、ラグビー・サッカーの練習の声が響きます。
開発が進んでいる故に、手付かずの自然という感じではありませんが、逆に道路・林道が発達しているので手軽に山遊びができることはありがたい。
我が家からは車で30分程度、僕ら親子の山遊びホームグラウンドです。
f0220698_1584185.jpg

                 PENTAX LX ・ SMC PENTAX-M 1:1.4 50mm ・ KODAK GOLD100



上信越高原国立公園の一部でもあり、標高は1,300~1,500m程度。
噴火によってせき止められた火山湖だった菅平湿原を中心とする標高の高い盆地と言えます。
この地形ゆえか、雪は少なめながら冬季は強烈に冷え込みます。
2001年に記録したマイナス29.0度は、本州にある観測所としては、富士山を除いて (=即ち、人が住んでいるところでは) 最低記録。そしてこの2月19日未明、マイナス29.2度を観測。11年ぶりに最低記録を更新しました。

この寒さってどのくらいなんだろ?怖いもの見たさで出かけます。

7時半ぐらいに着き、外に出ました。車の温度計はマイナス20度。
うーん、長く車の外に居るのはムリ。体が芯から冷えてしまいます。
雲ひとつない超快晴。寒気の流入と放射冷却が今回の低温をもたらしたのでしょう。

今回は、そのとき撮った写真を何枚かアップ。
f0220698_1593714.jpg

                 PENTAX LX ・ SMC PENTAX-M 1:1.4 50mm ・ KODAK GOLD100


f0220698_15104469.jpg

                 PENTAX LX ・ SMC PENTAX-M 1:4 100mm MACRO ・ KODAK GOLD100



f0220698_15111795.jpg

                 PENTAX LX ・ SMC PENTAX-A 1:2.8 20mm ・ KODAK GOLD100
[PR]
by silvers_blue | 2012-02-26 14:51 | Comments(12)
Commented by izayoi_forest at 2012-02-26 15:44
どのフォトも 息をのむような
美しすぎる世界は コトバを失ってしまいます。。

聴こえるのは 雪の女王の橇の音 それとも
ナルニアの森の 誰かさんの足音なのかな 素敵…☆

3枚目の 小さな草木の存在に 心を寄せつつ。。 
Commented at 2012-02-26 20:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-02-27 23:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by silvers_blue at 2012-02-27 23:36
>吟遊詩人さん
ありがとうございます。つらい寒さと引き換えに、こんなきれいな世界を冬はもたらしてくれます。
この日聴こえたのは、風の音、そして時折梢から落ちる雪の音。
音楽など要りません。目に見えるものが音楽そのものでした。
Commented by s_t_r_e_a_m at 2012-02-28 08:53
うひゃー
まいなすにじゅうど!!
空気の冷たさと澄み渡ってる感が伝わってきます


寒い寒いと言いつつももう3月になりますね
春はすぐそこですね
Commented by silvers_blue at 2012-02-29 17:43
>s_t_r_e_a_mさん
イメージとしては宮城の方が寒いような気がするんですけど。

笑っちゃうのは、この高原から流れている川で、この寒いのに渓流釣りやってる人が何人もいたこと。
そりゃー解禁後初の週末だったんですけど。
釣り人ってほんとバカですよね~
Commented by nori at 2012-03-02 01:06 x
菅平まで車で30分ですか。羨ましいです。
車で一寸行けば森や林があちこちに点在しているって
素晴しい環境ですね。
街のいろんな遊びはすぐに飽きてしまうけど、
森や林の遊びはまったく飽きませんよね。
(美しい写真です。。)
Commented by 矢部 at 2012-03-02 08:19 x
2枚目の写真、桜の木を想像しちまいました(・∀・)ユキザクラ~

やわらかい雪って、お米ぢゃないけど、ピョコン♪ってたってたりしますよね。
3枚目の写真はそれも見られて、さらに雪も空気もキラキラ光ってて、
すごいステキな一枚だと思います♪

個人的には一番最後の見上げる写真が好き^^
Commented by hiyori at 2012-03-03 21:26 x
同じ・・・何の木だろう?
上から見たり下から見たり、角度が違うと、写真から受ける色が違っておもしろいですね☆
3枚目は雪の上に寝っころがって撮ったのかなぁ(*^^*)
Commented by silvers_blue at 2012-03-03 22:39
>noriさん
山国信州ですから、林や森はすぐ近く。
僕の家なんか、信州としては相当街の中にあるんですよ。それでも20分歩けば雑木林に着きます。

僕は都会の風景もとても好きですが。
森や林の情景は都会と何が違うかと言えば、それは端的には「季節感の濃さ」ということになるでしょう。
Commented by silvers_blue at 2012-03-03 22:42
>矢部さん
これほど寒い場所の雪ですから、さらっさらの粉雪。雪合戦なんてできません。
でも積もった雪のマクロな立体感に言及するとは、雪国の矢部さんならでは。さすが。

あ、ウチの息子は受かりましたよ~
Commented by silvers_blue at 2012-03-03 22:43
>hiyoriさん
3枚目以外は、すべて落葉松の人工林。hiyoriさんちのそばにだっていくらでもあると思います。

3枚目はイタドリです。どうやって撮ったかは内緒♪