野山を読む 野山を食す

白樺

f0220698_19291760.jpg

長野県の県木でもある、白樺。高原のシンボルとも言えるその姿を知らない人はいないはず。
あまりに絵になるその姿を撮ると、どうしても高原の土産物屋に貼られた観光ポスターのようになってしまいます。被写体としては鉄板すぎるため、いざ撮るとなると難しい。
白い樹皮が最大の特徴。

樹木としての特徴は、荒地に最初に入り込むパイオニアとしての姿。
白い樹皮ばかり有名ですが、爽やかな新緑はとても美しい。
f0220698_19343614.jpg


かの有名なベニテングタケは、白樺の森に現れます。
f0220698_19382697.jpg

[PR]
by silvers_blue | 2012-02-01 19:43 | 山の植物 | Comments(8)
Commented by nokana2 at 2012-02-02 01:04
北海道では、ダケカンバもよく見ることができます。
キシリトールは、白樺の樹液が原料じゃなかったっけ??

よくよく考えてみると私とりょうさんって、対極のモノ撮ってる気がする。山と海(笑)
自然と遊んでいるのは、一緒かな?
Commented by darjeeling_days at 2012-02-02 06:45
素敵にとれているじゃないですか!

昔、稲子湯に向かう北八ヶ岳で白樺林に遭遇し
その美しさに見惚れたことがありました。

確かに難しい被写体ですが、でもりょうさんみたいに
愛情込めて撮られると本当に素敵な写真になりますね!
Commented by izayoi_forest at 2012-02-02 10:23
雪の中の白樺 シンボルツリーのようですね

冬の木は 本来の姿があらわになって
木の本質が見えてくるような気がします
ひとつひとつの枝の先まで 繊細で美しい

奥のほうに 
ほんのりと浮かぶように見えている木も
奥行きが感じられて ほんとうに素敵…★
Commented by silvers_blue at 2012-02-02 18:59
>nokana2さん
ダケカンバは白樺よりもう少し寒いあるいは高いところに生育します。ここはちょうどダケカンバと白樺の境界ぐらいなのです。
あの樹は更に撮るのが難しい。

僕だってほんとは海とか運河の写真撮りたいんですよ。なかなか海沿いに行く機会がありません。
Commented by silvers_blue at 2012-02-02 20:37
>Darjeeling_Daysさん
ありがとうございます & 承認ありがとうございます
北八ヶ岳の森は雪深いブナの森とはまた違う寒色系の魅力がありますね。人を寄せ付けない雰囲気があることが返って一魅力的に感じます。
また行きたくなりました。
Commented by silvers_blue at 2012-02-02 20:44
>吟遊詩人さん
ありがとうございます。
白樺はまさに高原のシンボルであり、信州のシンボルなのです。
曇りで霧はなし。そんな天気だったこの日、一瞬霧がまいて、しかも日差しがちょっとだけ差しました。その瞬間を捉えることができたのは幸せです。
Commented by nori at 2012-02-12 20:37 x
白樺は、信州などの山へ行った時に見ると、
やっぱり綺麗だなぁと毎回思います。
が、まだ一度も写真に撮ったことがありません。
いつか何処かで、撮ってみたいんですけど、なかなか在処の情報も乏しく
ロケハンして探すだけの時間も無く、、、
と、そうこうしている内に人生の時間さえも
どんどん少なくなって行くのでしょうね。苦笑
Commented by silvers_blue at 2012-02-12 22:20
>noriさん
んーどうなんでしょう。たまに訪れる風光明媚な場所の写真って、とかく観光地っぽい写真になりがちなのでは?
noriさんの写真は、その場所の「匿名性」が大きなアドバンテージだと思っています。例えそれが近所だとしても - いや、近所の何気ない風景だからこそ。