野山を読む 野山を食す

春の里山にて ( 山菜その他編 )

f0220698_19514488.jpg

山菜として人気の、タラノメ。ちょっとした荒地に生え、樹そのものは珍しくありません。
しかし山菜として採ることができるのは、1番芽と呼ばれる梢の先端についたものだけ。脇に出る2番芽を採ると樹そのものが枯れてしまうと言います。よって1番目だけを採るのがマナーなのですが、2番芽を採るどころか樹ごと切断して持って帰る愚か者が後を絶ちません。
そんなこともあって、僕はタラノメは採りません。確かに美味しいのですが、山菜として行き過ぎた人気が気に入りません。タラノメ以外にも野山には美味しい野草がたくさんあるのです。
 (同じ理由で僕はマツタケも採りません)

以下、簡単に見つかる山菜を紹介します。
f0220698_2075029.jpg

アケビは新芽の先端10cm程度を摘み取ります。アクは相当強く、茹でたぐらいでは食べられません。
茹でた後水に晒してアクを抜きます。抜きすぎると美味しさも抜けてしまうので、好みの苦味加減で(僕の場合一晩ぐらい)晒し、卵黄を落として巣篭もり風にします。ほんと美味しい!
いくらでもありますが、十分な量を採るのは意外と時間がかかります。

f0220698_2012461.jpg

トリアシショウマ。その名の通り鳥の足のような形。
これも林道沿いで簡単に見つかりますが、さほど美味しいというほどでもありません。

f0220698_20232536.jpg

オオバギボウシ。茹でて酢味噌和えとかゴマドレッシングで食べます。ちょっと変わった食感で結構美味しい。苦味はそれなりにあるので、気になる人は長めに茹でるといいでしょう。
毒草のバイケイソウと似ているので注意。

f0220698_20272055.jpg

近年人気急上昇の、コシアブラ。テンプラが定番ですが、先日教えてもらったコシアブラのパスタは超美味!ペペロンチーノのように調理すると、春の香りがなんとも香ばしい!


春の野山は、花や山菜ばかりではありません。こんなものもちょっとだけ紹介。
f0220698_20315320.jpg

割と近年まで毒蛇だということが知られていなかった、ヤマカガシ。
奥歯に毒線があるので、軽く噛まれたぐらいでは毒を注入されない為、毒蛇だと思われていなかったそうです。死亡例もあるので注意しましょう。

f0220698_20323630.jpg

雨上がりの水溜りには、ヒキガエルが集まっていわゆる「ガマ合戦」が繰り広げられています。
ちょっと見回しただけでも、30匹は軽くいました。
[PR]
by silvers_blue | 2011-05-29 20:37 | 山の植物 | Comments(10)
Commented by izayoi_forest at 2011-05-29 22:41
野山に いのちが満ちていますね^^*

オオバギボウシの翠の眩さ
憧れのコシアブラ♪ 春は まず香りから
ヤマカガシ 琥珀のような美しさですね☆

山彦の歩みしあとのふきのたう   吟遊詩人^^
Commented by nori at 2011-05-30 09:24 x
silvers_blueさんの文章は本当に読み易いです。
読み易く、的確。僕には到底真似出来ない言葉たち。
読みながら山菜の天ぷらが食べたくなりました。
でも、山菜=天ぷらしか浮かばない自分の「食」の語彙の少なさにも
愕然としました。
Commented by 矢部 at 2011-05-31 13:38 x
こっちの山でもタラの木ごと切断をよく見ます。
本当に、情けなくなりますよね。。
来年も楽しみたいのなら、少しずつ恩恵を受ければいいのに。。

アケビの新芽って今まで見向きもしませんでした。
そっか、食べられるのかぁ♪
って苦いんですね。。実はめちゃくちゃ甘いのに^^;

カエルちゃん可愛い♪
もうちょっとアップで撮ってくだされればなお…o(≧▽≦)o ←コラww
Commented by silvers_blue at 2011-05-31 23:21
>izayoi_forestさんへ
つい1月前までは静まり返っていたこの山ですが、目覚めると一気に噴出してきます。

ヤマカガシに対してそんなコメントを書かれるとは。
視点が僕とは違います。
Commented by silvers_blue at 2011-05-31 23:23
>noriさんへ
山菜の食べ方は、飽くなき食い意地をもっていろいろ試行錯誤しましたので、まあ当然の帰結かと。
ウチの息子など、一時は野草などを端からお茶にして試飲するという意味不明なことに夢中になっていました。
Commented by silvers_blue at 2011-05-31 23:26
>矢部さんへ
知らないうちにブログがいくつも更新されている! あとで改めておじゃましますね。

タラノメの採りかたの見苦しさというのは、ほんとあきれます。
アケビの実だって、皮の部分は苦いでしょ。紫色と苦味というのはアケビを象徴する色と味覚なのです。
Commented by hiyori at 2011-06-02 22:01 x
みごとにバッサリなタラノメ(>_<)
痛々しいですね。

ムスコくんがお茶にした気持ち、わかるなぁ~。
やってみたいと思うもの。
スギナのお茶やタンポポコーヒーっていうのがあるくらいだから
きっと他にも美味しいものがある気がします(*^^*)
Commented by silvers_blue at 2011-06-04 08:10
>hiyoriさんへ
タラノメの写真、切り口が濡れているのがわかりますか。
これは、切られてから時間が経っていないものと思われます。多分、この日の早朝のことかと。

時節柄、藤の花のお茶試してみて下さい。甘いんですよ。
Commented by nori at 2011-06-04 11:16 x
息子さんの意味不明な実験精神を育んで来られたパパさんの教育は、間違っていなかったですよ!^^
意味不明を追求出来るような人物こそが成功出来るんです!
Commented by silvers_blue at 2011-06-04 20:10
>noriさん
かっこいい言い方をすれば、「自然を五感で感じる」とでも言えばいいのでしょうか。でもそんなかっこいいものでもなかったようで、大抵は「ゲ~、これだめだマズ!しかもクサいし」とか騒いでいましたけど。
こんなことしたから成功した、なんて将来思い起こすことがあるのでしょうか?