野山を読む 野山を食す

針葉樹の森

f0220698_20470410.jpg
息子は大学のキノコの研究室に進学することになったのですが。
その中でも、「菌根菌」、つまり樹木と共生するキノコの研究室なんだとか。
よって息子は、以前にも増して樹木にも興味を持つようになりました。
で、今は特に針葉樹がマイブームらしい。
そこで帰省した息子に提案しました。

「白駒池に行こか。」


僕が住む長野県上田市周辺は、針葉樹と言えば植林されたカラマツやアカマツ、杉です。落葉するカラマツ林はともかく、常緑のアカマツや杉の林は季節感が少なくあまり面白くありません。カラマツ林もその林床は変化に乏しく、それほど魅力的には感じられません。
そんなこともあり、僕はどちらかというと広葉樹の方に興味を持っていました。

八ヶ岳北麓は、コメツガ・オオシラヒソなど針葉樹の美しい原生林があることで有名です。
しかし僕は、先に書いたような理由で針葉樹にはさほど興味を持っていませんでした。

白駒池の駐車場に車を停め国道を渡ると、そこは既に浮世とは全く違う世界が広がっていました。
僕はここに来るのは初めてではありません。
思いました。
「・・・こんなにいいところだったっけ・・」
f0220698_20473887.jpg
f0220698_20471895.jpg
f0220698_20472700.jpg
f0220698_20475144.jpg





冬が訪れて閉鎖されるまで、何度か通おうと思います。
PENTAX K-5Ⅱs 
SMC-PENTAX-DA 1:3.2 21mm Limited / TAMRON SP 1:2.5 90mm MACRO(52B)

[PR]
# by silvers_blue | 2018-08-29 20:54 | 山の植物 | Comments(0)