野山を読む 野山を食す

ナツハゼと鬼胡桃のブール

f0220698_22194050.jpg

去年の晩秋に採った山葡萄は、干物用の網かごに入れて1か月干しておきました。
大分乾いたのですが、かと言って水分が完全になくなった訳ではありません。このまま保管してもカビてしまうことがあります。
100gつづポリ袋に入れて、冷凍庫に保管しました。

さて、今年初めてのパン作り。
今回の山葡萄は、低い気温でも良く発酵します。
酵母の発酵力が強いと、パン作りもかなり楽ちん。
今回は、ドライフルーツにしてあったナツハゼと、直売所で買ってきた鬼胡桃を使います。
ナツハゼについては、こちらの過去投稿を参照下さい。
https://doodlin.exblog.jp/27467184/

鬼胡桃は、とにかく皮が固くて食べられるようにするのが大変です。
しかし味そのものは、いわゆる普通の胡桃(=カシグルミ)に比べ、エグみが少なく味はマイルド。
普通のクルミより返って食べやすく、「鬼」というネーミングと相反しています。
今回は買ってきたものですが、鬼胡桃は野山に自生しているので、今年は自生のものを収穫し是非パンに使ってみたいと思います。


f0220698_22194746.jpg
やや細長く1本のクープ(切れ込み)が入った「クッペ」と呼ばれるタイプにするつもりだったのですが、発酵力が強くよく釜伸びした為に、丸いパン(=ブール)になってしまいました。
しかし味は、多分今まで作ったパンの中で、最も美味しい♪
f0220698_22195149.jpg

ちなみに、小麦粉はスーパーカメリアを使っています。きめ細かく軽めでやわらかいパンにするのに適しているとされています。
天然酵母パンというと、それとセットのように国産小麦粉を使うような雰囲気になっています。僕も一時は長野県産の強力粉を使っていました。
しかし正直なところ、パン作りの長い実績がある外国産の品種の方が、やわらかいパンにしやすい。
僕が目指すパン作りは、「天然酵母パンだから固くてもしょうがない」というのではなく、無理のない柔らかさを目指しています。
もう少し修行を積んでうまく焼けるようになるまで、しばらくはスーパーカメリアのお世話になろうと思います。


# by silvers_blue | 2019-01-13 22:35 | 山の幸 | Comments(0)