野山を読む 野山を食す

サルナシ

f0220698_20460227.jpg
大きさこそ何分の1かですけど、サルナシの断面はまさしくキウイそのもの。
ヨーグルトに山葡萄のジャムと共にトッピング。


果物の熟し方が今年は早い、ということを各方面でききます。
本来、サルナシの採り頃1は10月中旬ぐらい。そうした噂を聞いたので、去年見つけたサルナシスポットへ出かけます。

f0220698_20381694.jpg

熟れたもの、未熟なもの、まちまちです。
サルナシは追熟するので、若干未熟でも収穫に問題はありません。いいタイミングです。9月末、長雨の合間の久々に暑い日。甘い香りを漂わせるサルナシには、スズメバチもやってきます。ちょっと緊張感がある収穫。
脚立を用意しなかったので、手が届く範囲しか採れませんが、それでも中ぐらいのレジ袋1つ分程採れました。

山でサルナシを見つけるのは難しくありません。
葛・藤・山葡萄等と同じ蔓性の、いわゆる「マント植物」です。林縁や林道沿いなどの目に着きやすいところに生えています。
しかし雌雄異株な上、なんとなく雌株の方が少ないように思います。また足場が悪い場所の、それも高い場所のことが多いので、思うように収穫にありつけません。
しかも熊の大好物ということもあり、あまり悠長に構えていると先客に越されてしまいます。

f0220698_20482357.jpg

収穫したい木の実として、サルナシは筆頭です。
大抵の野生の木の実は、酸っぱかったり皮が厚かったり種が大きかったり果肉が少なかったりと、食べ物として必ずしも魅力的とは限りません。味そのものも、野趣豊かと言えば聞こえがいいですが、スーパーの食材に慣れた味覚にはやや食べずらいことが多いのも事実。
ところがこのサルナシは、皮や種もそのまま食べられます。皮を剥いたり種を取り除く必要はありません。味はほぼキウイと同じで食べにくさはなく、芳香はキウイの上を行きます。
唯一の欠点は見た目が冴えないこと。できそこないの梅みたいな感じです。

f0220698_20363227.jpg

花は、近縁のマタタビと同じく6月の梅雨入りの頃咲きます。
マタタビの葉が白くなるのは、その花期をアピールする為。それはサルナシの花が咲いたサインでもあるのです。
黒い雄蕊が印象的で、なかなかにかわいらしい。この木の大きな特徴である赤い葉柄とのコントラストも美しい。

f0220698_20504878.jpg

山葡萄の酵母で焼いたパンにクリームチーズを塗り、スライスしたサルナシとやはりこの山で採って息子が作ったスグリのジャムを載せます。ちょっときれいなフルーツサンドができました。


[PR]
# by silvers_blue | 2016-10-04 20:53 | 山の幸 | Comments(0)