野山を読む 野山を食す

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ウワバミソウ

f0220698_16470238.jpg
今年の山菜シーズンは、仕事が忙しくて休みもロクに取れませんでした。よって山菜も採れなかった。フラストレーションが溜まってしまいます。
6月末と言えばすでに山菜シーズンは過ぎているというのが一般的な認識ですが、最も遅くまで採れる山菜と言えばこれ、ウワバミソウ。
ウワバミ(=蛇)が出そうな湿った場所に生えることから名付けられたとのことですが、僕は実際にこうゆう場所で蛇に遭遇したことはありません。むしろ蛇は乾いた岩場にいるイメージですが・・・
通称「ミズ」と呼ばれるこの山菜は、東北地方では農家の収入源になる程のものらしいですが、信州では山菜としてはほとんど認識されていません。

f0220698_16483683.jpg

何本かをまとめて握り、ゆっくり引き抜くと根ごと採ることができます。渓流で泥を落すと見える赤い根元が特徴。
ウワバミソウはこのように根本が赤いものとそうでないものがあるらしく、それぞれ「アカミズ」「アオミズ」と呼ばれるそうです。この辺りではほとんどがアカミズ。
f0220698_16480406.jpg
食材として使うのは根と茎。葉を落としヒゲ根を取り除くのは意外と面倒です。
茎の部分は軽く茹でてお浸し、というのが定番のようです。茹でると赤い色は薄い紫色に変わり、茎の緑色は鮮やかになります。
それでも美味しいのですが、クセのない山菜ゆえ僕にはそれだとちょっと物足りない。醤油・めんつゆ等で一晩以上漬け込むとより美味しい。
根の部分は粘りがあります。タタキにして味噌で和える、というような食べ方が山菜の図鑑に載っています。確かに美味しいし、色も印象的。
f0220698_17052254.jpg



☆  ☆  ☆

「6月は山菜シーズンは終わってる」と先に書きましたが、梅雨時期の山は結構楽しめる穴場的な時期でもあります。
f0220698_17094419.jpg
三つ葉はこの時期ちょっと大きくなりすぎていますが、まだ大丈夫。歩きながら食べると爽やかな香りが広がります。
ウワバミソウをまとめて採ってると、その中に三つ葉が何本か紛れていることも多い。


f0220698_16503786.jpg
ミヤマイラクサ。「アイコ」の別称で知られ、山菜としての知名度はウワバミソウより高い印象があります。
毒がある棘というか毛があり、うっかり素手で触るとしばらくは痛痒くなります。茹でると棘も毒も問題なくなりクセのない山菜として楽しめますが、僕は痛痒い想いをしてまでわざわざ採るほど魅力を感じていません。


f0220698_16500222.jpg
ウスヒラタケ。比較的時期を選ばす発生するキノコですが、どちらかというと夏のキノコの印象が強い。
水分が多い上にこの時期ですから小バエが周囲に結構飛んでいます。あまり採っていこうという気分になれません。


f0220698_17183178.jpg
モミジイチゴ。梅雨時期は木苺の季節でもあります。
山歩き途中での、最高のおやつ。


[PR]
by silvers_blue | 2016-06-26 17:28 | 山の幸 | Comments(2)

ゆめかおり

f0220698_20504077.jpg
ちょっと前まで「強力粉って、何が強力なの?」というレベルだったのですが、パンを焼くようになってからは小麦についての知識も自然と入ってきました。
僕が今パン用に使っているのは、「華梓」という長野県産の強力粉。1kg320円とお手頃です。しかも美味しいし、以前使った外国産のものより捏ねやすい。
ところでこの「華梓」というのは商品名で、中身は長野県産の「ゆめかおり」という品種を中心とした長野県産強力粉のブレンドらしい。
「ゆめかおり」は、長野県農業試験場で2010年に種苗登録された新品種。長野県内では松本地域・上田地域での作付を進めたようですが、現在の主たる産地は松本地域のようです。松本市寿地区の「農事組合法人 小赤営農」のホームページに情報が載っていました。
その麦畑を見てみたい。春先頃からそんなことを思っていました。
麦の収穫は6月ぐらいだったはず。という訳で、松本までジムニーを飛ばします。
一帯は一面農地というほどでもなく、住宅と農地が混在している長野県ではありふれた雰囲気の場所です。水田に混ざって茶色く色づきつつある麦畑が簡単に見つかりました。
しかしこれが「ゆめかおり」なのかはさっぱりわかりません。麦畑の畦道の草刈をしている男性に声を掛けます。
f0220698_20521025.jpg

「おはようございます。ちょっとお聞きしていいですか?」
「あ?」
「ここ、おじさんの麦畑ですか?」
「あ、そうだけど」
「これ、なんていう麦ですか?」
「これは小麦だわさ」
「(・・・いやそうゆうことじゃなくて)なんて品種なんですかね?」
「えー?、なんて言ったっけかな~んーとえーと・・・」
「「ゆめかおり」ですか?」
「あーそれそれ! それだよ。3年ぐらい前からやってるんだ。」
「実は僕自分でパン焼くんですけど、長野県産強力粉っていうの使ったら美味しかったんですよ。それでいろいろ調べたら、この辺で採れる麦だっていうから、見学に来ました。」
「へーそうかい。まあ何を作付けしろっていうのも数年で変わるからなぁ。」
「この辺りは昔から麦はよく作っていたんですか?」
「ああ、麦畑は昔からあったけど、最近は転作奨励でな。田んぼ放っておいて雑草はやらかすのもうまくないって訳だし。その麦の穂先をな、両手で揉んでふっと息吹きかけるともみ殻が取れるからな、それを口に入れて噛んでるとガムみたいになるんだよ。グルテンってやつがガムみたいに変わるんだ。子供の頃はよくそうやってたもんだ。」
「へー」
「何本か持っていきな。飾りにする人もいるみたいだで。」
「あ、ありがとうございます。この麦畑を写真撮ってもいいですか?」
「あぁいいよ。」
「ありがとうございます。」

この男性はその後も、撮影している僕に「向こうの畔にキジが来てるで」と教えてくれるなど、とてもよくしてくれました。
f0220698_20525020.jpg
f0220698_20530810.jpg
さて僕も、麦の穂先を2本ほど揉んでみます。
もみ殻は簡単に取れましたが、結構実も落としてしまいます。残った小麦の実を口に入れると

・・・・美味い! すごく美味しいぞこれ!

この品種だからなのか、そもそも小麦とはそうゆうものなのかはわかりませんが、「噛み続けるとガムのようになる」かどうかを確認するまでもなく食べてしまいました。
いやびっくりした。

 ☆ ☆ ☆

この麦畑の近くに、産直販売所があります。寄ってみるとここで採れたゆめかおりも売っています。
さっそく手に取ってみると、1kg870円。めちゃくちゃ高い!
しかし社会見学させてもらった訳だし、味まで確認してこそ見学の意味があるというもの。一袋購入します。また酵母起こしてパンを焼かねば。

f0220698_20534176.jpg
写真は、今日買ったゆめかおり(左)と、いつも使ってる小麦粉(中・右)。
それぞれのリンク先は↓


小赤地区のゆめかおりを購入した産地直売所:ファーマーズガーデン内田


[PR]
by silvers_blue | 2016-06-12 21:01 | 山遊び | Comments(0)