野山を読む 野山を食す

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

初冬の雑木林にて

f0220698_23305594.jpg

PENTAX LX ・ RDPⅢ ・ TAMRON SP 1:2.5 90mm MACRO(52B)

コナラが中心の初冬の雑木林。すっかり葉が落ちています。
どんぐりはさほど見えない。葉より実の方が先に落ちるので、落葉したこの時期は、既に落ち葉の下となっています。この写真は、梢についたまま落ちたどんぐり。日光に晒されて色あせています。あたたかな毛布の上で眠る子供のように見えなくもありません。

いつだったか、建築士を対象にした写真教室で、講師のアドバイスとして「曇り空や落ち葉の裏の白い色は写真にまとめにくいから避けるべし」というようなことを言っていました。しかしそうは言っても、この季節の雑木林でそれを避けることは無理。そんなことを思い出しながら、落ち葉や梢越しに見える流れる雲を眺めていました。

f0220698_23325081.jpg

PENTAX LX ・ RDPⅢ ・ SMC PENTAX-M 1:1.4 50mm


雑木林の地面は、落ち葉ばかりではありません。
よく見ると、小さな実生も見つかります。成木と同じように葉が色づいています。
さすがにこれは今年のどんぐりではないでしょう。1年前のものと思われます。
どんぐりはたくさん作られ落ちても、成木になるのはごくわずかです。果たしてこの実生は、成木になれるのか。
これが成木になれなかったとしても、それは憂うべきことではありません。自然の中でちょうどいい確率をもって、どんぐりは育ちます。
それでも、自分がみつめているこの実生にはこのまま育ってほしい。ついそう思ってしまいます。


f0220698_23332419.jpg

PENTAX LX ・ RDPⅢ ・ SMC PENTAX-F FISH-EYE 1:3.5-4.5 17-28mm

もはや探すべきキノコも見つかりません。ただただここでコーヒーを飲みながら無駄に時間を過ごします。
こんな場所、空、季節には、ジャンゴ・ラインハルトのギターが似合う。
[PR]
by silvers_blue | 2013-12-16 23:43 | 山遊び | Comments(4)