野山を読む 野山を食す

<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

コナラの芽吹き

f0220698_2105558.jpg

TAMRON SP 1:2.5 90mm MACRO(52B)

里山の雑木林を代表する木、コナラ。かつては植林~定期的に伐採され、燃料としての役割を果たしてきました。石油類にその役割を譲ってからも身近な樹木なことには変わりありません。
カブトムシなどが樹液に集まることでも知られています。しかしクヌギの方が大径木が多い上樹液が出ていることも多く、どちらかというとありがたみは薄い。本数も圧倒的にコナラの方が多いこともありがたみのなさを助長しています。まさしく「その他大勢」的な樹木。

しかし、その芽吹きの美しさは格別です。萌黄色の芽吹きをする樹木が多い中、銀緑色の芽吹きは注目こそされませんが、非常に魅力的。
f0220698_2143130.jpg

f0220698_216098.jpg

TAMRON SP 1:2.5 90mm MACRO(52B)+中間リング12mm

しかも良く見ると、赤味を帯びたもの、小さな緑色の点々があるもの、その表情はとても豊かです。しかし複雑に反射にするその姿は、写真に収めるのは非常に難しい。
f0220698_21103899.jpg

SMC PENTAX-M 1:1.4 50mm

f0220698_21103164.jpg

TAMRON SP 1:2.5 90mm MACRO(52B)+中間リング12mm

f0220698_21111446.jpg

SMC PENTAX-A 1:2.8 20mm

去年よりはうまく撮れたと思います。でもまだ満足できません。
来年も、その先も撮り続けることでしょう。
すべてPENTAX LX ・ FUJI PROVIA100F
[PR]
by silvers_blue | 2013-05-18 21:20 | 山の植物 | Comments(3)