野山を読む 野山を食す

<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

褐葉

f0220698_2233872.jpg

これはクヌギ。
「紅葉」「黄葉」という言葉は知られていますが、「褐葉」と言う言葉は聞きなれないのではないでしょうか。
読んで字のごとく、「褐色の葉」、即ち色づきが鮮やかな紅葉黄葉に比べ、茶色味がかった秋の葉色の変化のこと。狭義ではブナ科やニレ科の葉の色づきを指すようです。

この言葉を知ってから、そうした葉色の変化がとても気になるようになりました。
楓やイチョウなどの鮮やかな原色系の紅葉黄葉もいいのですが、地味ながらどこか柔らかい褐葉は、実は里山の素顔だと思えます。

f0220698_22111911.jpg

f0220698_2214118.jpg

f0220698_2218128.jpg

コナラの褐葉は、多くは黄色系。ところが若樹の褐葉は、赤味を帯びます。それはまた別の美しさ。

f0220698_22202848.jpg

もう少し標高の高い場所で見られるミズナラの褐葉。
色味こそやや地味でも、「森の王」の貫録が感じられます。

PENTAX K-m ・ SMC PENTAX-FA 1:4 28-70mm
[PR]
by silvers_blue | 2012-11-21 22:22 | 山の植物 | Comments(6)