野山を読む 野山を食す

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Fullmoon Maple

f0220698_22365181.jpg
楓の一種である、羽団扇楓。またの名を「名月楓」と言います。
イロハモミジなどに比べてずんぐりとした葉の印象があることは否定しません。しかし「月」と呼ぶのは少々苦しい気がします。
ところが英語圏での呼び名も 「Fullmoon Maple」 なんだとか。この楓から丸い月を連想する感覚は洋の東西を問わないというところでしょうか。

f0220698_22393721.jpg

紅葉は比較的早くいことは、バックのミズナラがまだ青々としていることからもわかります。
その割には長く葉を残すので、長く紅葉が楽しめます。
ブナ帯の山地ではヤマモミジと共にもっとも普通に見られる楓。


美しいのは紅葉だけではなく、新緑もとても魅力的。赤い花とのコントラストも目を引きます。
そして特徴ある樹皮。特に若い樹のものは美しい。
f0220698_231624.jpgf0220698_2321693.jpg
























菅平高原、上田市傍陽、群馬県嬬恋村にて
PENTAX LX ・ SMC PENTAX-M 1:1.4 50mm
[PR]
by silvers_blue | 2011-11-14 23:05 | 山の植物 | Comments(4)

蔦漆

f0220698_1638508.jpg

高原で最も早く、そして鮮やかに紅葉する、ツタウルシ。
ウルシ類の中で最も毒性が強いことで知られます。その毒は揮発性ゆえ、敏感な人は近くを通っただけでかぶれるのだとか。
その野性味溢れる鮮やかな赤は、自らが危険な植物であることを周囲に知らせているようです。
しかし色づきの時期・色味は個体によってバラバラ。黄色味が強いものもあれば、あまりきれいに紅葉しないもの、様々です。
f0220698_16453886.jpg

f0220698_16413116.jpg

葉脈がはっきりしている三枚セットの葉はとても特徴的。
凛としたそのただずまいは、紅葉シーズン以外でも森の中で存在感があります。
f0220698_16484710.jpg

PENTAX LX ・ SMC PENTAX-M 1:1.4 50mm ・ PRO400
2011/10/09、2011/08/07   菅平高原にて
[PR]
by silvers_blue | 2011-11-06 16:53 | 山の植物 | Comments(2)