野山を読む 野山を食す

<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

妖精の輪

f0220698_2133395.jpg

キノコは円状に生えることがあります。これを菌輪といい、欧州では「フェアリー・リング=妖精の輪」と呼びます。その中に入ると妖精の世界へ行けるのだとか。
しかし僕らは山で常に探している割には、菌輪を見つけることはありませんでした。それでも今年、やっと半円ですが見つけることができました。梅雨明け直後の森林公園にて。モリノカレバタケです。


梅雨の間、あるいは梅雨明けはキノコが大発生する時期。夏のキノコをいくつか紹介します。

f0220698_21343996.jpgやたら柄が長いツエタケ。食べられます。息子がこれでお吸い物を作ってくれました。













f0220698_21381176.jpg脳みそみたいだからノウタケ。もっと若いうちは食べられるそうです。















f0220698_21401739.jpg藍色のかすり模様があるアイタケ。味が良いことで知られますが、こんなに小バエがたたっていては食べる気になりません。夏のキノコは虫が食っていることが多いので残念。










f0220698_21455970.jpg食べられるガンタケと、毒キノコのテングタケが並んで生えています。見分けつきますか?
[PR]
by silvers_blue | 2010-08-25 21:50 | 山の植物 | Comments(6)

樋知大神社

f0220698_014160.jpg

車を道路に停めて徒歩1分、息を呑む美しい森がそこにありました。
神社の境内に広がる、たった1ヘクタールの、しかし神々しいブナの森。
日照りの時でも決して枯れることがないという、お種池という湧水池を中心に広がっています。

長野市旧大岡村 樋知大神社。
内陸部ではめずらしい、日本海型ブナ林です。1ヘクタールの森の400本強のブナが生えています。
ここは、ほとんど知られていませんし、宣伝もされていません。
美しいブナの森とはどんなものか、簡単に見ることができるのでとてもお勧め。

f0220698_041818.jpg

ただ、森を美しく撮るというのは、なんと難しいことか。

大好きな桂の樹もありました。他にも栃の大木、湧水が流れる林床にはウワバミソウ、樹にからみつく蔓紫陽花。じっくりこもりたい森です。
ここはしばらくは通うことになりそうです。
f0220698_085487.jpg

PENTAX LX ・ SMC PENTAX-M 1:1.4 50mm ・ SUPERIA VENUS400
[PR]
by silvers_blue | 2010-08-07 00:15 | 山の植物 | Comments(6)