野山を読む 野山を食す

2010年 03月 10日 ( 1 )

一番早い花

f0220698_2316968.jpg
「まず咲く」が語源のマンサクよりも早く咲く、ハンノキ類。
僕が良く釣りに行く渓流沿いには、ヤマハンノキが多く見られます。
その色は鮮やかとは言えませんが、雪の白と組み合わせるとなかなかきれいです。
これは3月7日、時ならぬ大雪のさなかに魚止めの堰堤で息子が撮った一枚。

この樹の葉には、虫が良くつきます。それが川に落ち、岩魚を育みます。つまりヤマハンノキは、魚影の目安にもなるのです。
倒木にはナラタケ、エノキタケ、ムキタケ、ヤナギタケが良く発生します。山の恵みを求める僕らにとって、ありがたい樹。

f0220698_23202528.jpg
やや緑がかった樹皮は、春先には周りの新緑と重なってなんともいえない眠たい萌黄色の景色を作ります。
今年もそんな時期まで、あと少し。この写真は、昨年の5月5日。

Canon PowerShot S120IS
PENTAX ME ・ SMC PENTAX-M 1:1.7 50mm ・ DNP CENTURIA400
[PR]
by silvers_blue | 2010-03-10 23:30 | 山の植物